アメリカで寝込む。

ご無沙汰をいたしておりました。アメリカのなっちゃんです。
実は先週、はしゃぎすぎて疲れが出たのか風邪をひいて寝込んでいました。熱発と吐き気に悩まされる最悪の3日間でしたが、今はすっかり良くなり元気にやってます。
考えてみると、結婚してから風邪をひいて寝込むことがなかったので、家の中が崩壊していくさまを病床から見るのは初めてで、それはもう恐ろしかったですね。。。(笑)それでも、仕事が忙しくなってきたにも関わらず食器洗いや洗濯、私の看病をしてくれていたダンナさんには感謝です。「これで子どもがいたらどうなってたんだろう。。。」ってつぶやく姿はリアルでしたが(笑)ホント、これからは体調管理をしっかりします。

しかし、異国で病気になるのは大変だ。。。と今回、すごく思いました。








日本で風邪をひく(熱発する)と気軽に「休みます」って言えないこともしばしばだったので(夜勤なんて特に)、夜勤の前or日勤終わりにかかりつけの近医を受診し5%ブドウ糖に抗生剤、ビタミン、魅惑のステロイドをドリップしていただければもうご馳走、解熱剤飲んで寝るか働けば何とか乗り切ったものですが(あと時間が取れなければ職場にて同僚、先輩、先生から1本ぶっすりいっていただくか)、こっちではもちろんそうもいきません。
まず、家庭医学専門のクリニックを予約します。この予約も上手くいけば当日とれるし、翌日になることも珍しくないそうです。そこで受診し、必要があれば大学病院などの救急センターに送って(情報を…です。行くのはタクシーや家族の車で)もらう。この場合、クリニックでも救急でももちろん両方でお金がかかります。その際、日本のように国民皆保険は存在しないので、前もって自らHelth insuranceに入っていないと莫大な額面を請求されることになります。このHelth insuranceもよく読んで契約しないと、婦人科がカバーされてなかったとか、私たちのもそうなんだけれど、眼科・歯科がカバーされてないことがよくあるようです。もちろん、カバーされているものもありますがその分月の保険料は割高になるのです。このHelth insuranceは日本の健康保険に比べて割高。とくに働いていて社会保険に入っていた私たちには高く感じます。。。まぁ、「保険」だから仕方ないのだけれど。。。

で、ちょっとの風邪なら「我慢しよう」という決断に至った私たち。
…というのも、日本から持参したロキソニン(解熱鎮痛)、ガスター(H2ブロッカー、胃酸過多を抑える薬)、ムコスタ(胃粘膜保護)を飲めたし、こっちは日本じゃ処方箋がないと買えないような薬も普通にスーパーで売ってたりするから、とりあえずはそれで様子が見れるだろうと。
吐き気止めがちょうど持参していなかったので、ダンナさんが夜中に買いに行ってくれることに。日本のオペ室や救急外来でよく見る、プリンペランやナウゼリン(どちらも吐き気止め)狙いで。そしてダンナさんが買ってきた薬がこれ。
e0153573_5272890.jpg
その名もNAuzene。実に吐き気に効きそうなネーミング。(吐き気を英語でnausea)熱とどーしょもない吐き気でふらふらの私は「ありがとぉぉぉ」とダンナを拝んで飲むことに。

ダンナが開けると真っ赤なでっかい錠剤が。。。


                              え。

「chewable だって。噛んで飲むみたい」。。。


                            ええ、プリンペランが?

噛んでみればものすごい味。甘すぎる。。。
「wild cherry flavor だって」。。。


                           えええ、プリンペランが??

「1回6錠までって書いてあるよ、もっと飲む?」。。。


                          ええええ、6って多すぎませんか??



                         ごめん、味が濃くて。。。もう飲めない。。。


「味が濃くて」の後、本当は「気持ち悪い」って言いたかったけれど、夜中に出かけてくれたダンナを思ってワイルドチェリーとともに飲みこみましたよ。。。(プチ良妻)で、案の定、30分後に薬もろとも嘔吐するっていう。。。(泣)

なので、今回の吐き気は気力で治しました、私。
かの有名なプロレスラーは言ったものです。「元気があれば何でもできる」と。。。元気…なかったんだけどな。。。ま、いっか。

で、元気になった今週の初め「そういえばあの薬の成分は一体何だったんだ?」と思い出して箱をみてみたら…


えーと、いんぐりーでぃえんつ(ingredients)っと。。。

ぐる、  …ぐるこーす(glucose)。。。

ふ、ふる…   ふるくとーす(fructose)。。。 …って、









                      糖分すか?



ずっこけましたよ。
初ずっこけinアメリカですよ。

プリンペランやナウゼリンどころの話ではありませんでした。でも、これ吐き気止めとして売っちゃうのか~??日本でも市販の吐き気止めってそうなのかしら??
ネットで調べてみると、一応グルコースをはじめとする糖分にも制吐作用があるらしく、抗がん剤患者さんの吐き気止めとして使われることがあるそうです。
そうだったのか。。。じゃぁ、6錠飲めば効いたのかな。。。(笑)
なんにせよ、健康管理に努めることが第一ですね。反省。。。
[PR]
by natz760 | 2010-05-20 05:59 | ■良妻日記


またまた異動になり、新潟市でのほほんと暮らしてます。


by natz760

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

■このブログについて
■良妻日記
■お仕事のこと
■I love 新潟
■I love ミシガン
■でりしゃす
■旅のこと

最新の記事

夏の思い出 九州のたび④ 屋..
at 2012-10-18 21:34
夏の思い出 九州のたび③ 鹿..
at 2012-10-17 14:40
夏の思い出 九州のたび② 熊本。
at 2012-10-15 19:52
夏の思い出 九州のたび① 太..
at 2012-10-14 15:06
八海山麓のお気に入りスポット。
at 2012-10-13 20:40

フォロー中のブログ

wagayaの生活ノート
ぱいぱてろ~ま
ものぐさ看護師
ご利用はご計画的に。
デジカメ散歩写真
東京下町 スカイツリーの...
ヒトは猫のペットである
ソノラ砂漠の片隅で
アジアⅩのブログ
サンアントニオの猪木
Elflower Vig...
なんちゃってニッポンのナ...
なんちゃってミシガン -...
Pleasant Hol...
AYAKOの部屋 in...
食べたもの徒然
★☆Bon Voyage★☆
ましゅこじさん

外部リンク

・オペ・ナース養成講座
・ぽてぽて日記
・島暮らしスペシャル
・原色砂漠の片隅で
・はるとママの日記帳



---------------------


■コメント大歓迎です
・・・ですが、ブログの趣旨に明らかにそぐわないコメント、不快に思われるコメントはこちらの判断で削除させていただきますのでご了承ください。


■リンクフリーです


■詳しい旅先、お店の分類は
タグからどうぞ↓↓↓


タグ

(51)
(17)
(14)
(9)
(8)
(7)
(7)
(7)
(6)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(2)
(2)
(1)

以前の記事

2012年 10月
2012年 06月
2012年 05月
more...

ライフログ


僕は自分が見たことしか信じない


わたしカメラ *写真好き大人女子のためのカメラ本登場!* (晋遊舎ムック)


池上彰のやさしい経済学―1 しくみがわかる


池上彰の宗教がわかれば世界が見える (文春新書)


知らないと恥をかく世界の大問題2 角川SSC新書 (角川SSC新書)


あなたのお金を「見える化」しなさい! ~ビジネスパーソンのための新お金管理術~


Mr.Children 2001-2005 〈micro〉(初回限定盤)(DVD付)


Mr.Children 2005-2010 〈macro〉(初回限定盤)(DVD付)


宇宙兄弟(17) (モーニング KC)


きのう何食べた?(6) (モーニング KC)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

その他のジャンル

記事ランキング

画像一覧